インフォメーション

2020 / 06 / 19  14:00

JHD&C(ジャパンヘアドネーション&チャリティー)についてのお知らせ│宇都宮美容室NEWWALK(ニューウォーク)

JHD&C(ジャパンヘアドネーション&チャリティー)についてのお知らせ│宇都宮美容室NEWWALK(ニューウォーク)

『JHD&C(※ジャパンヘアドネーション&チャリティー)ヘアドネーションについてのお知らせ』 ※以下JHD&C

 

 【これからヘアドネーションを検討されている方へ】

 

 今まで当サロンではヘアドネーションをした際カットをした髪をサロンでお預りし、JHD&Cへの郵送、受領証の発行手続きを無償で行って参りました。

 

 しかしこの度JHD&C賛同サロン全国共通でサロンからの送付代行、受領証の代行発行の対応を休止とする案内が今週入って参りました。

 

 ※尚、美容室NEWWALK(ニューウォーク)では6/27(土)迄は従来通り

代行をし送付させて頂きます。

 

 理由はドナー様(お客様)から以下のような問い合わせが多く寄せられるからのようです。

 

   ⬇以下JHD&Cより

・・・・・・・・・・・・・・・・

●「髪の毛をいつ送ってくれたのか分からなくて不安」

●「返信用封筒を預けたのに受領証が何ヶ月経っても届かない」

ドナーさまに「サロンに不信感を抱いた」「心を込めて何年もかけて伸ばしたのに残念、悔しい」……そのような思いをさせてしまうことは、私どももサロンさまも決して望んでいない事態です。

また、多忙なサロンワークの合間に理美容師さまがドナーの髪を1人分ずつパッキングしたり、ドナーシートや返信用封筒の代行をされたり、なかには切手代までサロンさまが負担されているケースもあるとのこと。

※当店では想いをしっかり受け止めカットをさせて頂いています。お客様の想いに私どもも応援をしたいと考え、パッキング、ドナーシート、受領証の代行、切手代も負担して行い、それに加え、昨年までは受領証が届いたらお手紙で1枚1枚手がきで書いていました。

 受領証を受け取りに来られない方も多かった為、次には電話でお知らせ致しました。お電話もなかなか繋がらない方が多く受領証をお渡ししたい思いを届ける事ができない現実が実際にありました。

 


そこで、『ドナーさまご自身によるドネーションヘアの送付』という送付方法に統一することで、お問合せやトラブル、サロンの負担を減らせたらと考えております。


JHD&Cのヘアドネーションチャリティの原点・出発点は、レシピエントさま、ドナーさま、JHD&C賛同サロンさまが、それぞれの役割を担うことで、

「頭髪の悩みで日常生活に不便を感じている子どもに無償提供の医療用ウィッグがあることを知ってもらいたい」
「ウィッグを必要としている子どもたちに少しでも喜んでもらえたら」
「素晴らしい活動に技術を通して協力できて良かった」

このようなあたたかいお気持ちを共有していくただくことを目指しております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 よって2020年7月1日よりドナー様(お客様)ご自身でカットをされた髪をJHD&Cへ送付をお願いする運びとなりました。

 

 尚、送付案内はこちらを参考頂くか、もしくはカット当日お尋ね頂ければやり方、サイトのご案内等させて頂きます。

 

 これからまた新たに1人1人が

『子どもたちにウィッグを届けたい』

という思いを大切にし、それぞれの役割で

相手を想い自分のできることを行っていきましょう!!

 

 美容室NEWWALK(ニューウォーク)ではお客様が分かりやすく送れるような仕組みを考えたので、準備に取りかかります。それも私達のできることです。

  説明動画を作成致しました。

 7月よりヘアドネーションの方にはご覧頂きご説明させて頂きます。

 

 まずは書面での送付の流れ

IMG_20200619_143313.jpgIMG_20200619_143113.jpgIMG_20200619_143031.jpg

 

まずはこちらをご参考くださいませ。

 

 美容室NEWWALK(ニューウォーク)

          山崎直希